肌の悩み解決方法大辞典

肌悩み5

私は子供の頃から、様々な肌トラブルに悩んできました。肌トラブルの症状が最もひどくなったのが、20代半ばの頃です。そこで地元の皮膚科を受診したのですが、体質だからということで、これといった治療は行われませんでした。皮膚疾患はかゆみや痛みを伴うので、ひどい時は日常生活ができなくなってしまうこともあります。このままではらちがあかないと思い、皮膚科の名医を探すことにしました。幸い、少し離れた街の病院に皮膚科の名医がいることを知り、さっそくそこを受診することにしました。診察してすぐに私の症状がわかり、注射による治療を行い、薬が処方されました。しばらく定期的に治療に通うように言われました。今まで体質だと言われてきた症状も、病院によってこれほどまでに違うものかと思いました。やはりセカンドオピニオンではないですが、疑問に思う時は、他の医療機関を受診することも大切だと思いました。必ずしも近くの医療機関で、自分の病気がわかり、治療ができるとは限りません。今はよほどのことがない限り、直接、病院での受診ができなくなりました。その分、かかりつけの個人医院の選び方が重要になってくると思います。私はしばらく皮膚科での治療を終え、病気を治していくことができました。ストレスによる原因も大きかったようです。今はストレスで皮膚の症状をひどくしないように気をつけています。そして日常生活による影響もあるので、なるべく皮膚に良い環境作りを心がけています。特に部屋の掃除はきちんと行うようになりました。薬による治療は長くは続けられません。そこでやはり普段の生活や正しいスキンケアが必要になってきます。今後も肌に良い生活習慣を心がけていきたいと思っています。